人生のエラッタ

人生のらりくらり

早め早めの行動

自分は昔から「5分前行動」を心掛けています。

最近になって重度化(?)して、30分前行動してたりしてます。

 

今回は早め早めの行動のメリットとデメリットを動いていない電車の中から書いていきたいと思いますよ。

 

メリット

・遅刻し辛い

・心に余裕が出来る

・トラブルに対処しやすい

・印象が良い

 

とまあ、今パッと思い浮かぶのはこんな感じです。

 

【遅刻し辛い】はワンテンポ行動を早くする事で時間の計算を間違えてても取り返しがつくという事です。

【心に余裕が出来る】のも、上記と同じ感じで遅刻や遅れに怯える必要が無くなるわけで。

【トラブルに対処しやすい】はまさに今の事です。

電車が止まって復旧の見込みがつかない状態でも、別の路線やタクシーで迂回しても間に合う状況が見込めます。

人と会う時などに

「電車止まっていたのに、よく間に合いましたね。」

「早めに出ていたので助かりましたよ。」

と言えるとポイント高いです。

これが【印象が良い】の部分ですね。

 

兎に角、早く行動する事で自分にも相手にも、スケジュールにも余裕が生まれたり印象良かったりするんですよね。(職種によるけど)

 

では、今度はデメリットの方をば。

 

デメリット

・何事も早く行わなければならない

 

これは作業速度ではなくて、スケジュールの事を指してます。

要は、

「早めに着きたいから早めに起きよう」

「早めに終わらせたいから早めに始めよう」

「早めにetc...」

とまあ、こんな感じ。

 

まあ、早起きに関しては三文の徳があるんで、多少はね?

 

何事にもワンテンポ早く行動しなければいけなくなるわけです。慣れるまでは。

で、気付くとツーテンポ、スリーテンポと早くなってわけですね。やり過ぎ注意。

 

まとめ

とりあえず、この考え方で失敗した事はありませんね。

寝坊しても間に合ったり、作業が一つ追加されても、何だかんだで修正が効くんですよ。

 

「待ち合わせ時間ギリギリだわ」

「追加の作業やる時間が無いお」

「Holy shit...」

な人は一度試してみるといいと思います。

 

まあ、合うか合わないかは人それぞれですしおすし。